読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田記

頑張らないブログ

木を見て森を見過ぎない

ニュースを見たり、ドキュメンタリーを見たり、本を読んだりして、社会の流れや物事の本質、裏側、意図を考える事はとても重要な事です。

物事を大局から見据える事で、これからの世の流れを知る事が出来ます。

しかし、それは必ずしも将来に対して希望的観測をもたらすものではありません。

例えば、「学習塾運営」という自分の今の生業は、国の「少子化」の問題と直結しています。

国や時代という大きな枠組みで考えた時、この仕事は将来が無いと判断されるものだと思います。このままいけば、商売の対象がいなくなるのです。子供がいなくなるのです。

そこには常に不安がつきまとっています。漠然とした不安。芥川なら死んでます。

ただ僕は、これからの時代は、何が起きるか分からない世の中の時代だとも思っています。

先だって書いたことと矛盾しますが、アメリカが保護主義になって中国が自由貿易思想に流れる発言をするなんて考えもしないでしょう?

これは「何でも」が起こりうる世の中になっていると言ってもいいのかもしれません。

パソコン1台(スマホ1台でも)あればひと財産が築ける世の中です。

ビジネスではタブーや、しきたり、慣習に囚われず柔軟に対応する力が求められています。

塾ビジネスでも、やりようによっては生きられる。

現代人は、個々のコンパスを持つ必要があるのです。

個々が何を幸福とするか、何に価値を感じるか、どこに向かって何をするか、誰と過ごすか、何を為すか。

いずれにしろ必要な実行力をどの方向に使うのか。

三浦知良は、20年前から「今何をするべきか」しか考えていないそうです。先のことは、あえて考えない。今日すべきことを考えて20年。気づけば現役50歳。すげー。

僕も、先のことで漠然と不安になるのではなく、今どうするべきか、何がしたいか、何をするかを考えて常に行動していきたいと思います。

木を見て森を見すぎず。

何でも出来る世の中で、目的というコンパスを大切に、ただただ実行を重ねて、達成して、また実行する。

今日のハーフタイム(サッカーキングがやっているお昼のニコ生サッカー番組)でカズ特集を見て、そんなことを感じました。

心根の強さは、当たり前じゃない。意識して作るものです。

行動あるのみ。Go for Go for